読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地

ブログ名はそのうち変えます

記憶の中のシベリア(『祖父の日記帳と私のビデオノート』、『海へ——朴さんの手紙』)2016-48

監督が自分の祖父に戦争の体験を聞くドキュメンタリー『祖父の日記帳と私のビデオノート』、その祖父のシベリア抑留について取材する中で知り合った元日本兵の韓国人朴さんのドキュメンタリー『海へ——朴さんの手紙』の2本立て特集。

特に『海へ——朴さんの手紙』が心に残った。日本軍の兵隊として下関にやってきた朴さんは、一生の親友となる山根さんと出会う。終戦そしてシベリア抑留で山根さんと離れ離れになった朴さんは、記憶を頼りに山根さんの身を案じる手紙を何度も出し続けるが返事のないままだった。日本人女性の監督と出会った朴さんは、山根さんの所在探しを頼む。

朴さんの山根さんに対するあまりにも一途な友情の厚さ、そして苦心の末探し出した山根さんの奥さんと監督の会話が恋話になるところなど。